小沢氏の進退問題再燃も=「世論が納得しなければ」−総務副大臣(時事通信)

 民主党の渡辺周総務副大臣は5日夜のBSフジの番組で、小沢一郎幹事長の続投について「今度の参院選は鳩山政権への最初の審判。それまでに世論が納得しなければ、当然、幹部も現実を理解して何らかの行動を取るのではないか」と述べ、進退問題の再燃もあり得るとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

民主参院国対委員長「これ以上何を調べるのか」(産経新聞)
公益法人の事業仕分け実施=行政刷新会議に先行−国交相(時事通信)
長崎県知事選告示 大仁田元参院議員ら7人が届け出(産経新聞)
<山梨殺人>新聞販売店員殺害容疑 知人の男を指名手配(毎日新聞)
「朝青龍引退に異議あり」 三木谷、ホリエモン、杏野はるな…(J-CASTニュース)
[PR]
by zif0k1t2yp | 2010-02-11 21:35
←menu