看護職33人の行政処分を公表−厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月1日、「医道審議会保健師助産師看護師分科会看護倫理部会」の答申を踏まえ、看護職33人の行政処分を決めた。処分の内訳は、免許取り消しが9人、業務停止が22人、戒告が2人。処分は15日に発効する。

 免許取り消し処分を受けた9人は、▽兵庫県神戸市の小村律香看護師(現住建造物等放火、覚せい剤取締法違反)▽宮崎県日向市の和田満看護師(殺人)▽青森県弘前市の北野原陽子看護師(殺人)▽群馬県太田市の大渕充看護師(傷害致死)▽山梨県甲斐市の青沼美啓看護師(殺人未遂)▽住所不定の瀬戸宇治祐一看護師(強制わいせつ、強制わいせつ未遂)▽和歌山県橋本市の藤原崇幸看護師(強制わいせつ)▽福井県小浜市の高木学看護師(窃盗、有印私文書偽造・同行使、詐欺)▽福島県河沼郡の須藤義江看護師(窃盗)。

 このほか業務停止処分の内訳は、3年が2人、2年が2人、1年6か月が1人、9か月が2人、6か月が5人、3か月が7人、2か月が1人、1か月が2人だった。
 今回処分を受けたのは、保健師(看護師免許も所持)の1人以外すべて看護師だった。


【関連記事】
不適切な請求での返還19億円減の36億円
医療事故の法的責任、行政処分のあり方含め検討を−医療安全推進シンポ
医師ら50人の行政処分を公表―厚労省
介護報酬不正受給で指定取り消し―和歌山
診療報酬の不正で返還55億円超

【施政方針演説】全文(7完)むすび「かたときも忘れることなく…」(産経新聞)
小沢氏進退で駆け引き…民主、党内抗争の兆し(読売新聞)
消えゆく戦後…旧海軍整備工場が70年の歴史に幕(産経新聞)
トヨタ労組、5年ぶりにベア要求断念(読売新聞)
メル友女性に顔写真送ると返信途絶え… 検察官「容姿に強いコンプレックス」と指摘(産経新聞)
[PR]
by zif0k1t2yp | 2010-02-02 23:48
←menu