<転倒事故>電車ドアにステッキ挟まり男性骨折 東京・足立(毎日新聞)

 23日午後0時10分ごろ、東武伊勢崎線竹ノ塚駅(東京都足立区竹の塚6)で、中目黒発北越谷行き普通電車(8両編成)がドアに60代の男性乗客の組み立て式ステッキを挟んだまま発車し、ステッキを抜こうとした男性がホームで転倒、腰の骨を折る重傷を負った。

 東武鉄道(東京都墨田区)によると、同駅のホームに駅員はおらず、車掌は「男性が電車から離れ、ドアが正常に閉まったことを示すランプが点灯したため発車した。ステッキが挟まっているのは見えなかった」と話しているという。

 ステッキは二つに壊れ、取っ手は男性が持っており、残りは次の谷塚駅(埼玉県草加市)でドアのゴム部分(幅片側2センチ)に挟まったまま見つかったという。同社は「発車時の安全点検の徹底を指導する」としている。【石原聖】

追悼のろうそく1762本 JR脱線事故から5年(産経新聞)
全日空 定期点検怠り欠航 羽田−三宅島など(毎日新聞)
<訃報>中村寛一さん87歳=元百十四銀行専務(毎日新聞)
変わる百貨店1階にスイーツ売り場 デパイチ登場(産経新聞)
児童虐待いち早く察知 相談事例をデータベース化 大阪府警(産経新聞)
[PR]
by zif0k1t2yp | 2010-02-25 23:31
←menu